12
Aug

ヨガ体験記① ヨガを始めてみたら・・・


yoga-cat

ヨガレッスンに通ってみたら

私はもともと一般的な体系で、太くもなく細すぎもせず普通の体つきをしていました。でも、ダイエットがしたくて、スポーツクラブに通う事にしました。そこで出会ったのがヨガのレッスンです。ヨガにはいろいろな利点があり、やせる効果だけでなく体の歪みまで直せるということで、私はヨガに飛びつきました。ヨガレッスンは週に一度夜8時から一時間開かれており、私はまじめに欠かさずに通っていました。一年続けたところ、落ちた体重はたったの2キロでしたが、なにより体が引き締まり、たるんでいた部分がキュッと持ちあがってスタイルがよくなったのです。もう大喜びです。目に見える結果が出たことでやる気がさらにわいてきて、今に至るまでレッスンに通い続けることができています。同じレッスン生の中には、ヨガ効果によるためか不妊だったのに妊娠することができたと報告してくれた人がいました。ヨガの直接的な効果によるわけではないですが、ヨガによって体調が内部から整ったためではないかと話していました。

 

yoga-cat-pose

猫のポーズをやってみよう

ヨガにはさまざまなポーズがあります。そのなかに猫のポーズというものがあります。まず四つん這いになり、膝と手で体を支えます。膝と手は肩幅に開きます。次に息を吸いながら天井を見上げ、顎を突き出すような感じになります。背中は弓なりにそらします。この時、手の力で押し上げるのではなく、背中の筋肉を縮めるような意識でその体制をたもちます。また首を伸ばし、肩甲骨と耳を話すようにします。これは、猫が敵にであって「シャー!」と威嚇している姿に似ています。20秒ほどかけて、呼吸を意識しながらゆっくりとおこないます。次に、背中をまるめるポーズに移ります。息を吐きながらへそを覗き込み、頭を内側にいれます。この時も、手ではなく、体幹の筋肉の力によってその姿勢をたもちます。猫になりきったつもりで体をまるめ、お腹から空気を全部出しきるつもりで息を吐きます。脊椎の骨を伸ばすような感じでゆっくりと丸まりましょう。20秒ほどかけて息を吐きます。その後すこし息を止めてみます。意識を集中して、体の感覚を研ぎ澄ませましょう。それが終わるとまた、最初の背骨をそらすポーズに移ります。このようなポーズと呼吸を繰り返すことで自律神経のバランスが徐々に整ってきます。猫のポーズはヨガのポーズの中でも、後屈、前屈、バランスと、多くの要素を含む効果的なポーズです。柔軟性を養うのに最適です。

ヨガにはまってみましょう

ヨガを行っていると自分の体の可動範囲の限界が、じわじわと広がっていくのを感じます。昨日までは動かなかった筋肉が今日には動くようになっているのです。自分の体と真摯に向き合う時間がたのしくて仕方なくなります。ぜひヨガにはまってみることをお勧めします。みなさんも、ゆっくりじっくり、体をととのえてみませんか?


Comments ( 115 )

Leave A Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *